Sign up for free with Facebook

This page is intended for users in Canada. Go to the page for users in United States.

Members

What we do

荷物を預けたい人と預かってもいい人とをつなぐマッチングサービスをしています。

私たちは、旅行時に大きなスーツケース、旅行バッグを持ち歩くのみならず日常生活においてもたくさんの荷物、大きな荷物を持ち歩いています。大量のショップバッグに買い物袋、モノを詰め込んだ大きなカバン、着替え……。荷物を預けてお出かけできたら、行動範囲も広がり新たな出逢いや発見があるかもしれません。『monooQ』はそういった日常にある「荷物を預けたい」というニーズを満たし、「荷物を預けてお出かけすること」が当たり前になる世の中を実現したいと考えています。

 サービス名:monooQ(モノオク)

 サービス開始日:2017年3月上旬予定

 利用料金:スーツケース2個で1,000円/日が目安 

※荷物の量や大きさ、そのほか付加サービスによって預かるホストが金額を設定

 利用可能エリア:サービス開始時は、台東区・浅草駅から徒歩10分圏内に10~30箇所を予定

 荷物の保管場所:自宅など個人所有の空きスペース、オフィスの空きスペース、ゲストハウス等一部店舗

 利用方法:

1 荷物を預ける場所を検索

現在地(位置情報)や住所、駅名などから荷物を預ける場所を探します。検索ページでは荷物の受け取り場所と保管場所を確認でき、さらに荷物を保管するスペースも写真で確認できるので安心です

2 オンラインで予約リクエストを送る
場所が見つかったら、その場所を管理するホストへ預けたい日時を指定し、予約リクエストを送ります

3 予約の確定&事前に決済
予約を受け取ったホストは予約希望者とメッセージをやりとりし、具体的な荷物の情報を確認したうえで予約を確定します。予約確定時に事前決済をするので、当日はスムーズに行動できます

4 当日、受け取り場所へ行き荷物を預ける
ホストが荷物を預かる際、識別番号および預けた荷物を撮影した写真にて管理します。事前にホストとのやり取りも行っているので、安心して荷物を預けることができます

5 予約した受け取り時間に、荷物を取りに行く
受け取り時間に受け取り場所へ行き、ホストより荷物を返却してもらい、完了です

● サービスの特徴

 荷物の預け場所までわざわざ行かなくてOK!駅前までホストが取りに伺います
荷物を預ける際、実際に荷物を保管する場所まで行く必要はありません。利用者は事前にホストとメッセージをやり取りし、駅前などわかりやすく行きやすい場所で荷物を預けることができます。

 荷物の受け取り場所を交渉できる!
万が一、受け取り場所まで荷物を取りにいくことができない場合、利用者はホストと交渉して預け場所とは異なる場所で荷物を受け取ることが可能です(別途サービス料が発生する可能性あり)。例えば、浅草駅で荷物を預け、ホストが所有する浅草駅周辺の空きスペースで保管、受け取り場所は東京駅、というように利用者のニーズに合ったサービスを提供できます。

 荷物の預かり料金はホストが設定できる!
預かる荷物の量や個数に応じて、荷物を預かるホストが料金を自由に決めることができます。そのほか、受け取り場所の変更などのオプションサービスを展開するなど、ホスト自身がビジネスを作ることができます。

Why we do

【ユーザーの課題解決】

「荷物を預けたいのに預けられない」という日頃のストレスから解放され、日常生活において気軽に荷物を預け、身軽に行動できるようになります。

【ホストの課題解決】

年々増加する空き家・空き室等の遊休スペースを解消することができます。

【社会における課題解決】

シェアリングエコノミーをより身近なものにすることで、誰でも積極的に経済活動に参加できる世の中を実現したいと考えます。身近なものにしていくために、個人にとって身近であり個人でも所有しているものを活用することを重視しています。『monooQ』では、個人が住む家の一室から押入れやロフトの一角、机の下など、家の中に眠っているちょっとしたスペースを活用することで、個人がビジネスを展開することができます。個人が経済活動に参加することで、日本経済はより活性化されるのではないでしょうか。さまざまなシェアリングサービスが登場したことで、日本でもシェアリングエコノミーの認知は徐々に広がりを見せていますが、利用意向はまだまだ低い状況です。Libtownでは『monooQ』をはじめとするあらゆるシェアリングサービスを提供していくことで、日本におけるシェアリングエコノミーの認知拡大・利用促進を目指し、新たな経済活動の創出を通じて日本全体を盛り上げる一助となれればと考えています。

● 利用シーン(一例)
日常にありがちな荷物を預けたいさまざまなシーン。『monooQ』では、そんなニーズにお応えします!

 お買い物デートを楽しむカップル。夜はレストランでディナー。だけど、たくさんのショップバッグは置いていきたい

 子連れでお出かけするファミリー。たくさんのものを詰め込んだ大きなバッグを少しの間だけ預けて、子どもたちといろんなところに行きたいな

 着物や浴衣を着て街歩きを楽しみたい女子大学生。みんなで思う存分はしゃぎたいから、着替えの入ったカバンは置いていきたいな

 コスプレしてイベントを満喫したい男性会社員。イベント当日はコインロッカーもいっぱいだろうし、スーツや荷物を置いておける場所はないかな

 会社帰りに打ちっぱなしに行きたいOLさん。でも会社にゴルフバッグは持って行けないな。どこかに預けておけないかしら

● 今後の展開

 まずは台東区での預け入れ可能場所を拡大。その後、港区や中央区といった都内で荷物を預ける需要の多い地域へと広げていき、年内に登録箇所を1,000件まで拡大予定

 現在はWEBサービスのみの展開だが、今年夏をめどにアプリ版もリリースし、より利用しやすくする

 近い将来、空きスペースにおける「シェアトランクサービス」の提供を開始予定。荷物の一時預かりを行う『monooQ』はそこに向けた足がかりとしてのサービス

How we do

5名というかなりの少人数ですが、メンバーは皆とびきり優秀です。

Social Media

About Us

一人ひとりがさまざまなかたちで経済行為に参加することで、個人が最大限に活躍できる社会を作りたい-その想いから「正直者がバカを見ない世の中をつくる」というミッションを掲げた。

シェアリングエコノミーを普及・推進するため、Airbnbのホストを経験。旅行客の荷物の置き場所が意外に少ない点に着目し、荷物預かりサービスを考案。

努力を積み重ね改善を繰り返したサービス『monooQ』が、いよいよスタート。

シェアリングエコノミーに魅せられ、シェアリングエコノミーの可能性を信じ愚直に突き進んでいる。

Story

Job Listings by libtown

Location

東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目30-8 奥田ビル

Page top icon